サックス・パッド(タンポ)の購入

サックスのコンディションを大きく左右している、パッド(タンポ)。パッドには様々な種類があり、操作感や音色に影響を与えています。なかなか奥が深い分野です。

オーバーホールをするにはパッドを購入する必要があります。

国内にもパッドを扱っている業者や流通網ももちろんあるのですが、個人向けに販売しているところは少なく、その多くがリペア業者向けです。

個人向けにパッドを販売しているのは、以下のサイトがあります。

  • Music Center (伊) – ピゾーニなどの高級パッドが購入できるサイト。ピゾーニのプロ・パッドはヤナギサワ社がパーツとして採用している(いた?)パッドです。送料が高いのが玉にキズ。
  • MusicMedic.com (米) – ミュージック・メディック・オリジナルのパッド(旧プレシジョン・パッド)や、カンガルー革のパッド(Roo Pad)などが購入できます。送料が安い。

今回はピゾーニのプロ・パッドを購入しました。プラスティックのリゾネーター(反射板)付きのノーマルタイプです。(ノーマルタイプ以外に、”J”という、少し固めのタイプがある。)

購入時に様々な種類のリゾネーターから選ぶことができ、厚みを4.0mmと4.3mmから選ぶことができます。革の表面がとても柔らかく滑らか、防水加工されていて持ちが良く、パッドの大きさにも誤差が少なく扱いやすいのが特徴と言えるでしょう。

 

キーのガタの修正

マウスピース作りの合間を縫って、テナーのオーバーホールをしています。去年の今頃もオーバーホールの様子を書こうと思い、途中で面倒になってやめてしまいましたが、今年は続けようと思っています。

まずは分解してガタの修正。ビフォー・アフターになっています。

キーにガタがあるとパッドが正常に閉まらなくなることがあるので、大切な作業です。ガタがある場合、キーポストの内側の、ピボットスクリューの頭が当たる部分を削ります。ピボットスクリューがより奥まで入るように調整することでガタを解消できます。

セルマーの現行のモデルは、(SA80シリーズ2以降だったかな?)こうした調整がいらないようにキーの内部にバネが入っている仕組みになっています。

ヴィンテージのコーンでは、こうしたピボットの調整が簡単にできるようにピボットスクリューを横からイモネジで止めて、スクリューの位置を変えられる方式になっています。

その1


その2


ヴィンセント・ヘリング・カスタム・モデル 発売!

img_0018.jpeg

ヴィンセント・ヘリング・カスタム・モデルが発売となりました!

ヴィンセント・モデルのページ

米国、ニューヨークを中心に活躍するサックス奏者、ヴィンセント・ヘリング氏からの依頼で作られたシグネチャー・モデル。

何度もプロトタイプを日本をアメリカの間でやりとりし、完成したモデルです。
彼のアイデアが様々に詰まったマウスピースがやっと完成となりました。

サックス奏者、寺久保エレナ女史が既に使用中です。

発売にあたり、ヘリング氏にコメントをお寄せいただきました。

 

ヘリング氏のコメント

いくつかのマウスピースメーカーと数年に渡って関わってきたが、最終的に素晴らしいマウスピースを手に入れた!

プロのサックス奏者として、私がいままで演奏に使ってきたマウスピースはわずか三つ。

一つは1970年代後半に私のサックスの先生(デイブ・パターソン)から譲り受けたニューヨークメイヤーの5番。二つ目は、ヴァンドレン社によるハンドメイドのプロトタイプで、現在人気であるV16モデルを作るために1990年代に試作された三本の内の一本だ。
そして三つ目が、ケン・オクツによって作られたこの新しいマウスピース。

エクセレント!
マウスピースについて私にメールをしてくる何百という人達の全てに、私は自信をもって言えます、「これが答えだ!」と。

数年もの間、多くのメーカーから私のシグネチャーモデルを作らないかという話があったが、いままで承諾しなかった。今回このマウスピースができるまでは!

もしあなたが、私のサウンドやキャノンボールアダレイやフィルウッズのサウンドが好きなら、この素晴らしいマウスピースを推薦する!

AKB48のレコーディングでオクツ・マウスピースが使われたそうです。

アイドルグループAKB48の、シングル曲「ハロウィン・ナイト」。

夏に行われた選抜総選挙のイベントの結果を受けて作られたシングルのようです。

後半にかけてサックスが入っています。河原塚ユウジ氏の演奏で、レコーディングには奥津マウスピースが使用されたそうです。ちなみにモデルはアルトのハイバッフルモデルです。

最近やっと後半まで聴けるフルバージョンがYoutubeで公式にアップされたのでここでご紹介したいと思います。

 

このようなお話を聞くのはとても面白いですね。

私の仕事は、家にこもってひたすらマウスピースを作り続けるという、数ある仕事の中でも非常に地味な部類なのですが、このようなニュースを聞くと、

「あぁ、私の仕事は本当に外の世界と繋がっているようだな。」

という実感が持てます。

是非皆さん聴いてみてください!

価格改定のお知らせ

奥津マウスピースとしてこの仕事を初めて、2年以上経ちました。

立ち上げ当初は閑古鳥が鳴いていた当メーカーも、多くのお客様にご愛顧いただき、いまでは多くの注文をいただけるようになりました。

最近ではなかなか作り切れないほど多くの注文をいただき、
ブログ記事の執筆やメタルマウスピースの開発に手が回らない状況になっています。

その割に十分な利潤を確保できずにいるのは理由は明らかで、一つ一つのマウスピースの品質を上げることにかかる手間に対して値段がかなり安く設定されているからです。

私は、知名度や信用が全くのゼロの段階からこの仕事を始めたので、これまでどうしても値段を下げざるを得なかったということなのです。

そこで奥津マウスピースは、8月1日から商品の価格を改定することにしました。本当はもう少し早くにしようかを思ったのですが1月に雑誌に値段を載せたので、半年くらい空けようかと思いまして・・・。

新価格は
アルト・ソプラノ 25000円 → 33000円
テナー 26000円 → 35000円

こうした値上げをするとき、「原材料価格高騰のため」とか、少しだけニューモデルにして「ニューモデル新価格」をうたうことが多いのですが、そういう小細工はしたくないので、単純に値上げです。

当たり前ですが、8月1日よりも前に、私のところか、取引のある楽器店さんに予約を入れているお客様は、値上げ前の価格での販売になります。

今後、リペアの記事やメタルモデルの開発など、商品の充実を図りたく、そのための資金的、あるいは時間的な余裕ができればと思っています。

どうかご理解頂きたく思います。

 

スティーブ・ネフ氏のサックス・マウスピース・レビュー。

米国のサックス奏者で教育者であるスティーブ・ネフ氏にレビューを書いていただきました。

サイトにはネフ氏が演奏した音源もあります。

以前にテナーのハイバッフルを書いてもらいましたが今度はテナーのトラディショナルとトラディショナルⅡです。

実はレビューを書いていただいたのは少し前なのですが、定評のあるサイトなので、紹介されるたびに問い合わせのメールがガンガン来ます。英語なので大変です。

少し落ち着いてきたのでここにご紹介いたします。

是非訪れてみてください。

テナー・トラディショナル・モデル

テナー・トラディショナル II・モデル

KOTwo

ニューヨークで活躍するサックス奏者ジョン・ゴードン氏にコメントをいただきました。

サックス奏者、ジョン・ゴードン氏にコメントをいただきました。

レビューのページに追加されています。

ジョン・ゴードン氏はニューヨークで活躍されているサックス奏者で、かのフィル・ウッズ氏に「最も優れたアルト・プレイヤーの一人」と評された方であります。

奥津マウスピースのフェイスブック・ページにもコメントをいただきました。そちらも合わせて読んでみてください。

奥津マウスピースのフェイスブック・ページはこちら

「ここ何年かで吹いたものの中で最も良い。強くお薦めします。」

レビューと推薦文のページを新設しました。

プロのサックス奏者からいただいたレビューが増えたので、レビューと推薦文のページを新設しました。メニューバーにリンクがあります。

一番最近いただいたのは、メキシコのプロ奏者、ホルヘ・ブラウエ氏のレビュー。音源もあります。

レビューへ

とても格好の良いソロなので是非聴いてみて!

いずれ日本語版も書くつもりです。

藤陵雅裕氏のコメント

10442983_429508503870500_3727021185909687374_n

先日、渋谷アクタスにて。

師匠の藤陵雅裕氏と、新モデル発売の報告と今後の展望等についてご相談。

写真はテナーのトラディショナルⅡの7番。

「トラディショナル(Ⅰ)は、あれはあれで良いけれどおとなしいサウンド。Ⅱのこのくらい明るいサウンドの方が色々な場面で使いやすいだろうね。息の通りも良く使いやすい。」