サックス・パッド(タンポ)の購入

サックスのコンディションを大きく左右している、パッド(タンポ)。パッドには様々な種類があり、操作感や音色に影響を与えています。なかなか奥が深い分野です。

オーバーホールをするにはパッドを購入する必要があります。

国内にもパッドを扱っている業者や流通網ももちろんあるのですが、個人向けに販売しているところは少なく、その多くがリペア業者向けです。

個人向けにパッドを販売しているのは、以下のサイトがあります。

  • Music Center (伊) – ピゾーニなどの高級パッドが購入できるサイト。ピゾーニのプロ・パッドはヤナギサワ社がパーツとして採用している(いた?)パッドです。送料が高いのが玉にキズ。
  • MusicMedic.com (米) – ミュージック・メディック・オリジナルのパッド(旧プレシジョン・パッド)や、カンガルー革のパッド(Roo Pad)などが購入できます。送料が安い。

今回はピゾーニのプロ・パッドを購入しました。プラスティックのリゾネーター(反射板)付きのノーマルタイプです。(ノーマルタイプ以外に、”J”という、少し固めのタイプがある。)

購入時に様々な種類のリゾネーターから選ぶことができ、厚みを4.0mmと4.3mmから選ぶことができます。革の表面がとても柔らかく滑らか、防水加工されていて持ちが良く、パッドの大きさにも誤差が少なく扱いやすいのが特徴と言えるでしょう。

 

キーのガタの修正

マウスピース作りの合間を縫って、テナーのオーバーホールをしています。去年の今頃もオーバーホールの様子を書こうと思い、途中で面倒になってやめてしまいましたが、今年は続けようと思っています。

まずは分解してガタの修正。ビフォー・アフターになっています。

キーにガタがあるとパッドが正常に閉まらなくなることがあるので、大切な作業です。ガタがある場合、キーポストの内側の、ピボットスクリューの頭が当たる部分を削ります。ピボットスクリューがより奥まで入るように調整することでガタを解消できます。

セルマーの現行のモデルは、(SA80シリーズ2以降だったかな?)こうした調整がいらないようにキーの内部にバネが入っている仕組みになっています。

ヴィンテージのコーンでは、こうしたピボットの調整が簡単にできるようにピボットスクリューを横からイモネジで止めて、スクリューの位置を変えられる方式になっています。

その1


その2


トーンホールのリムに金メッキをかける

サックス・オーバーホールの続き。

トーンホールのリムを整えたとき、ベアブラスの部分に簡易金メッキをかけておきます。ヤスリがけをして真鍮の表面がむき出しになっているところにしかメッキはかかりません。(ラッカーのかかっている部分にはメッキはかからない。)

トーンホールのリムが濡れると錆び、そこに汚れがたまり、さらに水分がたまりやすくなる。こうした錆びと汚れの相乗効果で段々とパッドが傷んでいきます。

汚れを防ぐことはできないけれど、錆びを防ぐことができればパッドに良いのではないだろうかと思い、数年前から試していますが、効果は・・・、あります。(たぶん)

部分的にメッキをかける装置には他にもあります。→プロメックス

あくまでホビー用です。いずれメタルのマウスピースも作るので、もっと大掛かりなメッキ装置を購入する予定。

P1010262

 

トーンホールのリムを整える

P1010244

テナーのマークⅦのオーバーホールの作業を続けています。

トーンホールのリム(パッドと接する部分)を綺麗に整えます。
メーカーにもよるのでしょうけど、オールドのセルマーはかなりガッタガタです。

リムに凸凹があったり、リム全体が平面ではなく歪んでいたり。
当然、その分パッドとの密着が失われる可能性があります。

オーバーホールの際には、楽器店でやってもらうといいと思います。

人工大理石の切れ端に、紙ヤスリを貼り付けたもので平面に整えます。
オイルストーンを使うリペアマンもいるようですね。

P1010247

テナー・サックスをオーバーホール中。

P1010235

テナー・サックスのサブ機、フラセルのマークⅦを分解調整中。

マウスピース製作作業の合間にオーバーホールしようと思います。

ほったらかしになっていた知識集ページのパッド張替え編を書き進めることができたらなぁ、と考えています。

リペアのブログ記事、移動します。

リペアに関しての記事をいくつか書いてきましたが、ブログだと基本時系列順に記事が並ぶので読者はきっとわかりにくいだろうなと思っていました。

そんなわけでリペアに関する記事は、当サイト内の目次をつけた新しい場所に移動します。

マウスピースの構造に関する記事なんかもそこに書いていくつもりです。

移動先はこちら→サックス奏者のための知識

いまのところ書きたい記事の目次をざっと書いてみましたが、このペースで書いていつ終わることやら・・・。

サクソフォン・マニュアル (リペア解説書)

日本語のリペア解説書、出版されていました!

サックスのリペアの解説書で日本語で書かれたものはないと以前書きましたが、出版されていました! 調べものをしていたら見つけました。今から丁度一ヶ月ほど前、出版されたようです。

スティーブン・ハワード著
サクソフォン マニュアル 日本語版
Amazonのページはこちら

私が持っているのは英語版ですが、とても良い解説書ですよ!
いくつか出版されているリペア解説書の中でも、このサクソフォン・マニュアルは群を抜いた良書です。
内容が大変充実していて、写真も豊富なので解りやすい。
サックスのリペア・メンテナンスに興味がある方、サックスの構造について理解を深めたい方にお薦めです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA